→高給料・好待遇の職場を見つける方法はココをクリック!

介護現場で働いている職員の方の悩みといえば給料が低い、人手が足りなくて忙しすぎる、人間関係が悪い。。。などなど数え上げたらキリがありませんが、特に介護従事者で多いのは腰痛の問題です。

身体の不自由な高齢者の方を支えたり、抱え挙げたりする仕事があり腰痛を引き起こす原因となっています。

今回は多くの人が悩んでいる腰痛の改善方法を身体をいたわる方法、そして思い切って職場や働き方を変えてしまうことで治す方法をまとめて紹介していきます

介護仕事の腰痛予防、痛みを軽くするためのポイント

車椅子からの移乗介助

車椅子からの移乗介助においては、利用者さんを抱え上げる作業が必要となりますが、腰をひねったり、前かがみ、中腰といった姿勢になると、腰に負担がかかり腰痛の原因となってしまいます。

1回だけならまだしも毎日のように続けていると徐々に痛みが出てくる恐れがあるので、抱え上げる場合はしっかりと腰を落として全身を使って下さい。

  • 中腰や捻った姿勢で抱え上げると腰痛の原因
  • 毎日の蓄積で酷い腰痛になります
  • 抱え上げる際には腰を落として全身の力を利用する

理想としては2人以上での介助やリフトやスライディングシートを用いることですが、実際の現場ではなかなか難しいのが現状ですね。

排泄介助の抱え上げも注意

排尿、排便などのトイレ動作を助ける際には下着着脱、立ち上がりのサポートなど色々な動作を求められます。

車椅子介助と同じく中腰などの姿勢は避けることが大切ですが、施設によってはトイレが狭かったりして困難なこともありますね。。。

ベッドサイドからの清拭、おむつ交換、体位変換

清拭、おむつ交換、体位変換といった介護の仕事の基本的なことも腰に負担を掛ける動作です。

どうしても中腰になり両腕は力を入れる必要があるということで、かなり無理な姿勢ではあるのですが少しでも負担を軽くする方法をまとめます。

  • ベッドの高さを作業しやすい位置まであげる
  • 1人では無く複数人で行う
  • タオルやスライディンシートを使用する

特に拘縮が強い人や身体が大きい人を1人で無理におむつ交換、体位変換しようとすると腰を痛めるだけではなく、利用者さんの怪我や骨折といったアクシデント、インシデントに繋がるので辞めて下さい。

夜勤中などどうしても人手不足の場合にはタオルやスライディングシートなどの補助器具を利用して丁寧に行うこと必要です。

入浴介助は足元に注意

入浴介助では車椅子、ベッドからの移乗や、身体を洗ったり、浴槽まで誘導したりと、様々な動作を求められますし、足元も濡れていて滑りやすく働く職員にとって非常に危険な場所です。

腰痛だけではなくバランスを崩して転倒することによる怪我や骨折のリスクもあります。

特に夏場は浴室内の温度と湿度が高いということで疲れもたまりやすくて熱中症のリスクも。。。長時間お風呂内での作業をする必要があるときには適度な水分補給と休憩を交えながら行って下さい。

  • 足元が滑りやすいので常に注意を払う
  • 特殊浴槽や移乗リフトなどを使う
  • 高温多湿で疲れやすく脱水症状を引き起こしやすいので適度に休憩をする

歩行の介助

歩行の介助では突然、利用者さんがバランスを崩してしまうと、あなたも巻き込まれて倒れてしまう危険があり、これを助けるために無理な姿勢で高齢者を支えてしまうと腰痛の原因となってしまいます。

サポートが無いと歩行が難しい人は必ずお互いに持ち手を握ったり、肘を抱えるようにしてあげて、予期せぬことが起こった時でも対応しやすいようにしてください。

歩行介助の介護も腰痛の原因

ストレッチの効果

ただ気を付けていても腰への負担をゼロにすることは難しいため、ストレッチを行うなどのセルフケアも大切な要素となります。

腰痛の原因としては腰部、臀部、背中の筋肉が緊張することにとって引き起こされるので、これを予防するために腰を中心とした部分の状態を改善することが必要です。

具体的にはストレッチを行って、筋肉をほぐして柔軟性を保つ、筋肉への血流量を増加させる、気持ちを落ち着かせリラックスさせ緊張を和らげることが必要となります。

ストレッチの効果としては主に3つ挙げられます。

疲労回復効果

筋肉への血流量を増やすことで、筋肉に溜まった疲労物質が排除されて、酸素の供給量が増え身体にとって楽な状態になります。

怪我の予防になる

ストレッチを行うことで筋肉の柔軟性が高くなるので、筋肉自体が効率よく収縮と弛緩できるようになります。

身体や関節の可動域が広がりますし、余裕を持って身体を動かせるようになり肉離れや腰痛、腱鞘炎といった予防につながります。

リラックス効果

筋肉疲労が緩和されると、筋肉が休まるだけではなく、精神・メンタルといった気持ちの部分でもリラックスすることができます。

こちらは腰痛に効果があるストレッチを紹介している動画となっているので参考にしてみて下さい。

働き方を変える、求人を探して施設を変える

正職員からパート、派遣として働く

フルタイムで働いていて腰痛がかなり酷いという方は、パートや派遣といった働く時間や曜日を自由に選ぶことできる雇用形態に変えてみるのも1つの解決策です。

給料は減ってしまうかもしれませんが腰痛、椎間板ヘルニアを悪化させてしまうと元も子もなく、あなた自身が若くして寝たきりや介護される側となってしまう恐れがあります。

朝目覚めたら起き上がることができなかった。。。という人も珍しくはありません。

  • 勤務時間が長くて腰を休める時間が少ない人は派遣やパートといった雇用に変えてみる
  • 腰痛をかばいながら働き続けると取り返しがつかなくなることも
  • ぎっくり腰、椎間板ヘルニアが酷くなり介護される側になるかも。。。

非常勤でも時給が高く賞与がある施設を探す

最近は人手不足が深刻化していることから非正規のパート、派遣の職員に対しても高時給、賞与(寸志)が支給されるところも増えてきており、フルタイムから給料は減るとはいっても、思ったほど減らなくて早く働き方を変えればよかったという声も多くあります。

パートでも土日祝や夜勤帯だけ働くことで時給をもっと高くすることができますし、正職員では希望通りのシフトを組んでくれることは困難ですが、非正規であればプライベートの予定や身体の健康状態に合わせて働くことができます。

正職員からパート、派遣へ変えようかなと少しでも思うのであれば、介護職員のための求人探しサービス「スマイルSUPPORT介護」に登録してみて下さい

具体的な勤務時間や給料が分かるようになりますし、他の施設に正職員として転職した場合にはビックリするほど高い給料、そして身体も楽になる職場を見つけることができるかもしれません。

⇒完全無料!カンタン1分登録のスマイルSUPPORT介護に登録する

あなたの健康が第一です

家計を助けるため、子供の教育費、住宅ローンなどなどお金のことばかり考えて、自分自身の腰痛や健康状態を誤魔化しながら働き続けてもいつか身体は悲鳴を上げます。

腰という漢字は身体、臓器を表す肉付きという部首に「要」と書くように身体の「要」となる重要な場所です。

腰を痛めて動けなくなったというのは、軽いと笑い話にされてしまいがちですが、本当に酷くさせてしまうと笑い話では済まされなくなり、要介護状態になってしまう可能性を秘めています。

腰痛、そしてストレスを抱えながらフルタイムで働くより、自分自身の身体、メンタルと相談しながら自由に働くことができる雇用形態を考えてみることをお勧めします!


シン

給料と休みを増やしたいあなたへ!

介護職専門の求人サイトでは色んな施設の募集を知ることができ、給料・休日・夜勤の有無などの希望からあなたにあった職場が見つかります!

正職員・派遣・パートまで介護に関係するなら誰でもOK

実際に私の場合は年収にして「+80万円」、休日は「年間120日」、ボーナスは「5ヶ月」という条件の施設に転職できました。

少しでも今の職場に不満がある人は、1分のカンタン入力で登録できる⇒【無料・スマホOK】スマイルSUPPORT介護を利用してみてはどうでしょうか?


⇒ココをクリックして無料登録!

無資格者、初任者研修、介護福祉士、ケアマネなど全ての方に対応していますし、登録したからといって転職する必要は無いので気軽に使えるサービスとなっています。

※8月転職する人が少ない=ライバルが少ないので好条件の職場が見つかる確率大です!!