介護職という職種に限らずお仕事をしていく中で、チラッと考えるのが昇進(出世)についてですね。

そこで今回は介護職員として出世していくのに取得するべき資格や勉強するべきこと、仕事に対する姿勢や必要な能力・考え方についてまとめていきます!

単純にお給料を増やしたい!と言う方から、出世して偉くなりたい!という野望を持つ人まで参考にして頂ければ幸いです。

介護職員の出世とポイント&知っておきたいこと

出世するとどうなるの?

まず介護職員が出世するとどうなるの?ということですが、ここではカンタンに紹介します。

メリット

  • 役職手当が付きお給料が増える
  • 仕事のやり方などをコントロールできる
  • 自分の意見が通りやすくなる

デメリット

  • 仕事の責任が増える
  • 任せられる仕事が増える
  • ストレスが多くなる

などなどが良く言われることですね。

介護福祉士は必須

この記事を見てくれている出世意欲の高い!?あなたは既に合格しているかもしれませんが、介護福祉士の資格は出世をしていく上で必須と言えるでしょう。

無資格でも立派に働いて周囲からも頼れる存在の方はたくさんいますが、やはり主任やグループリーダーを施設側から任されるには介護福祉士を持っていないと難しいと言えます。

出世したいしたくないに関わらず介護福祉士資格を持つことで資格手当も付いてお給料も上がりますし、スキルも向上し今後の転職などにも役立ちますので、まだ持っていない方は是非取得を目指して下さい!

  1. Q.介護福祉士の資格を取るにはどうしたらいいの?

    A.資格の受験情報と対策が手に入るパンフレットを取り寄せてみましょう!費用・送料は無料なので気軽に資料請求ができます。

ケアマネ資格も狙ってみよう

介護関係の資格としてもう1つ有名なのがケアマネージャー(介護支援専門員)ですね!

このケアマネ資格に関しては今まで現場で働いていた介護福祉士が目指そうとすると、施設側からは辞めるんじゃないか!?と思われてしまうという一面があります。。。

ケアマネを合格しても、現在働いている施設でケアマネになるという人は少なくて、ほとんどが他の施設へと転職してしまいますからね。

職場には秘密で受験しようと思っても、介護福祉士としての実務経験が5年(900日)以上という実務経験証明書を発行してもらわなければなりませんしバレます。

悩みを抱える牛さん

まあ通算5年なので今より前の職場で5年以上働いていれば、実務していたという証明を前の職場に頼めばバレないという裏技!?も無いわけではありませんが。

兎にも角にもいろいろ面倒なことを言ってきましたが、素直にケアマネ資格を受験したいので実務証明お願いしますと頼めば問題は無いでしょう。

みおちゃん

合格したら辞めて他の施設に行っちゃうの?

みたいなことを聞かれたら、とりあえず「勉強の為です!」とでも言っておけば波風は少なくて済むとは思います。

僕自身はというと勉強のためですと言ってケアマネを受けて合格して、違う施設に転職したパターンですが。。。

ケアマネ資格を取っても今の職場で即昇進に繋がるかというと微妙ですが、転職してキャリアアップを目指す場合には確実にプラスになります。

  1. Q.介護支援専門員(ケアマネージャー)を取るにはどうしたらいいの?

    A.資格の受験情報と対策が手に入るパンフレットを取り寄せてみましょう!費用・送料は無料なので気軽に資料請求ができます。

もう1つ僕自身のことを言うと「第一種衛生管理者」という資格も取得しました。

衛生管理者は常時50人以上の労働者を使用する事業者で、1人以上を選任しないといけません。

老健、特養といった施設サービスのように職員が多い(50人以上)施設だと持っている職員が必要になるということです。

普通は看護師さんや薬剤師が衛生管理者に任命されるので、取ったからといって評価に繋がるとは限りませんが少なくともアピールにはなりますので、興味があれば調べて合格を目指してみましょう!

研修には積極的に参加しよう

事務側や主任さんから研修あるから参加してきて!みたいなことを言われたことがある方も多いと思いますが、ちょっとした裏話をすると職員を研修に参加させておかないと取れない加算があったりするからです。

介護実地指導で職員に対する研修が少ないとか言われますし(x_x;)

そんな話は置いておいて偉い人に研修行ってきて!と言われたら積極的に参加をしておきましょう。

研修に行くとレポートを書かなくちゃいけなかったり、職場から遠くて交通の便が悪い場所で開催されたりすると断る職員も多いので、とりあえずハイ!と了解しておくだけでも上司からの評価は良くなります(笑)

もちろん研修に参加してスキル・技術を学ぶことが最大の目的ですけどね!

企画会議や委員会にも積極的に参加しよう

介護施設にもそれぞれ名称こそ違いますが委員会や企画会議が開かれていますね。

委員会のメンバーになると担当グループの状況を報告したり、やっかいな仕事を任されたりする必要があるので、仕事に対するモチベーションが低い人はメンバーになることを嫌がります。

多くの職員にとっては面倒事なので、これを気持ちよく受け入れることで周囲からの評価も高まり上司からの信頼も厚くなります。

ただ参加するだけではなく議題に対して自分の意見をしっかりと発言することも必要ですが!

人の嫌がることを受け入れる(シフトなど)

委員会&研修という人が避けたがることに積極的に参加することで評価が高くなると紹介しましたが、その他にも急な出勤の依頼や変更といったシフト関係でも嫌な顔をせずに了承しておくと、上司からの信頼が厚くなります。

施設・事務側と仲良くしよう

介護職員で誰を出世させるのかということを決めるのは、現場の主任やリーダーであり看護師さんがいるのであれば看護師長も加わったりしますが、もう1つ大きな権力!?を持っているのが施設長・事務長など現場ではない偉いさん達です。

加算項目・算定要件をとるために現場に今までとは違う仕事や新しいペーパーワークを押し付けてくる事務側というのは、現場職員からすると目の敵ですが、彼らと円滑なコミュニケーションをとることで出世しやすくなるのは紛れもない事実。

媚びを売れとはいいませんが事務側の人間と話すときは、しっかり話を聞くような姿勢をとってください。

なんか嫌な文章になってしまいましたが、、、まあ事務側の意向も汲み取って分からないことは質問して、協力して良い施設にしていこう!という思いがあれば大丈夫です。

最初から事務側=敵のように考える介護職員が多いので、あなたが話を聞いてくれるだけでも凄く喜ばれ評価は鰻登り↑↑

介護施設の事務長

コミュニケーションと気配り能力

管理職を目指すうえで、そしてなってからも必要なことは人とのコミュニケーションと人に対する気配りの能力。

人間関係のことなので好き嫌いがあるのは当たり前ですが、誰とでも仕事をスムーズに進められる人というのは評価されます。

また介護の現場では利用者様、ご家族様とも関りをもつこともありますし、とても重要な能力と言えるでしょう。

  • 挨拶はしっかりとする(職員、利用者様、ご家族様など関わる人皆に対して)
  • 忙しそうな同僚がいたら積極的に声を掛ける
  • 看護師、事務職員などを毛嫌いしない

仕事は真面目に

最終的に最も大切で基本的なことは仕事を真面目にこなしていくことです。

  • 遅刻、欠勤をしない
  • 仕事で手を抜かない
  • スキル、技術の向上に努める

どれもこれも当たり前のことですが、意外とできていない人のほうが多いのも事実ですからね。

介護業界は頑張れば報われる

ここまで色々書いてきましたが、介護職員は女性が多いということもあって出世欲が全く無いという人が多いですし、介護福祉士やケアマネ資格に興味がない人もいます。

仕事は真面目に取り組んでいる人も、昇進については無関心な人が多いという業界です。

なので出世欲を持って資格取得やスキルアップ、そして仕事を真面目に頑張っていれば自然とあなたの評価は周りの同僚と比較して高くなりますし言ってしまえば昇進しやすい業界です。

介護福祉士・ケアマネ資格を取れば、もし今の職場で評価をされなくても日本全体で人手不足が深刻化している介護業界ですから、いくらでも転職先は見つかりますし管理職候補もしくは管理職としての雇用をしてくれるところも珍しくありません。

どうせ介護職だし。。。と諦めず介護業界にいるからこそ頑張ってみてください!


シン

給料と休みを増やしたいあなたへ!

介護職専門の求人サイトでは色んな施設の募集を知ることができ、給料・休日・夜勤の有無などの希望からあなたにあった職場が見つかります!

正職員・派遣・パートまで介護に関係するなら誰でもOK

実際に私の場合は年収にして「+80万円」、休日は「年間120日」、ボーナスは「5ヶ月」という条件の施設に転職できました。

少しでも今の職場に不満がある人は、1分のカンタン入力で登録できる⇒【無料・スマホOK】スマイルSUPPORT介護を利用してみてはどうでしょうか?


⇒ココをクリックして無料登録!

無資格者、初任者研修、介護福祉士、ケアマネなど全ての方に対応していますし、登録したからといって転職する必要は無いので気軽に使えるサービスとなっています。

※8月転職する人が少ない=ライバルが少ないので好条件の職場が見つかる確率大です!!