→高給料・好待遇の職場を見つける方法はココをクリック!

介護サービスは正式名称で呼ばれたり通称で呼ばれたり(通所介護が正式で、デイサービスは通称)して、利用者さん側にとってだけではなく、働く側にとっても分かり辛かったりしますね。

そんな施設サービスの中でも特に複雑で分からない人も多いと思われる「小規模多機能型居宅介護」についてサービス内容の他に、職員として働いた場合の仕事内容や給料などをまとめていきます!

小規模多機能型居宅介護でのお仕事と求人情報

提供しているサービス内容

介護サービスにもいろいろな形がありますが利用者にとっては、やはり住み慣れている自宅を離れるというのは気が進まないことでしょう。

そこで在宅での介護を選択する人も多くいますが、やはり時と場合によっては宿泊型の介護も必要になることがあります。

在宅系の介護としては、訪問介護、デイサービス(通所介護)、ショートステイ(短期入所生活介護)などがありますが、『これ!』とひとつに絞るのには難しい選択を要するときもあるでしょう。

そのようなときに便利なのが「小規模多機能型居宅介護」です。

この小規模多機能型居宅介護とはどのようなものかというと、一言で言えば、在宅介護とデイサービスとショートステイの3つを組み合わせた施設になります。可能な限り、自宅で自立した生活が取り戻せるように、在宅介護からショートステイまでの要素を組み合わせた介護になります。

  • 基本的にデイサービスとして通いを中心とした利用
  • 利用者本人、利用者家族が希望したときにはお泊り施設としても機能
  • 体調が悪いときやサポ―トが欲しいときには訪問して介護を受けることも可能

サービスの対象者としては自宅で自立して生活できる人であり、希望に応じて宿泊、訪問介護を利用したいという人に向けてとなります。

小規模多機能型居宅介護のサービスとは

出典:厚生労働省・どんなサービスがあるの? – 小規模多機能型居宅介護

自宅、施設、訪問でもお世話を受けることができるという利用者さんにとっては便利なサービスで最近注目を集めています。

お仕事内容も訪問介護、デイサービス、ショートステイ

3つの機能を1つとして提供している施設が「小規模多機能型居宅介護」なので、ここで働く職員も3つの仕事内容をそれぞれ臨機応変に提供していかなければなりません。

それぞれ仕事内容を覚える必要がありますが特別に難しいことは求められませんので、未経験無資格者の方でも働くことは問題ではありません。

高齢者介護の現場で必要な知識・技術を全て学べるといっても過言ではないので、勉強熱心な方や介護福祉士の資格を活かしたい人にとっては良い環境と言えます。

それぞれ3つのサービスで働いた時の仕事内容や大変さ、給料事情については、個別の記事で紹介していますので、宜しければ参考にしてみて下さい。

夜勤と休日出勤はある

勤務形態については利用者さんが宿泊できるショートステイを提供しているので、職員も夜勤や休日出勤を求められます。

もちろん面接のときに働き方の希望を伝えたり、パート、派遣といった形の場合は日勤のみの勤務も可能ですけどね。

給料を増やしたい!という方であれば夜勤や早番・遅番、土日出勤を多くすることで手当てが付くので積極的に勤務シフトの希望を出すと良いでしょう。

「小規模多機能型居宅介護」の場合は3つのサービスから成り立っているということで、それぞれに職員を配置しなければならず、特に夜勤ができる人を募集している施設が多いです。

夜勤専従者を募集しているところもあるので、夜勤が嫌いでは無かったり、苦痛に感じない人であれば夜勤専従となることで時間当たりの給料を上げることができます。

  • 夜勤手当で給料アップ
  • 時給換算の場合、午後10時から午前5時までの深夜労働の法定割増率で最低25%は日勤より時給アップ

施設によっては手当+時給アップでダブルで給与に反映してくれるところもあるので、ぜひ探してみて下さい!

夜勤の仕事は楽!?

そして夜勤専従者ができる人にとって、もう1つ嬉しいことは1日あたりに最大で施設に泊まれる利用者は上限9名に制限されているということです。

これが老健などの入所サービス系だと1人で20人や、2人で60人もお世話をしなければならず非常に過酷な勤務となるのですが、小規模多機能型では施設基準として定められている所が安心できるポイントです。

1日あたり最大9名ではありますが、よっぽど利用者さんのタイミングが重ならない限りは9人泊まることも稀ですので、ゆっくりと夜を過ごせることが多いです。

時給と月給は平均的

仕事は決して楽ではなく色々なことを任されるということで大変な部類かもしれませんが、お給料は特別に高いというわけではありません。

  • 正規職員:月給16万~25万
  • パート:時給1000円~1300円
  • 派遣:時給1200円~1500円

他のサービスと同じく最終的には夜勤や休日出勤による割増分や手当頼りのところが多いです。

働くメリットは多い

  • 訪問介護(ホームヘルパー)
  • 通所介護(デイサービス)
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)

という3つのサービスの複合型ということで、一見すると大変そうに思えるかもしれませんが最近の介護施設はデイサービスであってもショートステイを併設していたり、老健・老人ホームがデイサービスを併設していたりということが多く、結果的には様々な仕事を任せられることとなります。

デイサービスだけのはずが、、、と思うぐらいなら、最初から3つの仕事があると分かっている小規模多機能型居宅介護で働くという選択肢も「あり」なのかなという感じです。

また介護に関することを全般的に学ぶことができるので、今後の人生において結婚や出産、家庭の事情などで転職をせざるを得ない状況になったとしても、多くの知識・技術が身についているので、働く場所に困ることはないでしょう。

求人探しは目先の仕事内容だけではなく、今後の色々なことをトータルに考えて探すことをお勧めします!


シン

給料と休みを増やしたいあなたへ!

介護職専門の求人サイトでは色んな施設の募集を知ることができ、給料・休日・夜勤の有無などの希望からあなたにあった職場が見つかります!

正職員・派遣・パートまで介護に関係するなら誰でもOK

実際に私の場合は年収にして「+80万円」、休日は「年間120日」、ボーナスは「5ヶ月」という条件の施設に転職できました。

少しでも今の職場に不満がある人は、1分のカンタン入力で登録できる⇒【無料・スマホOK】スマイルSUPPORT介護を利用してみてはどうでしょうか?


⇒ココをクリックして無料登録!

無資格者、初任者研修、介護福祉士、ケアマネなど全ての方に対応していますし、登録したからといって転職する必要は無いので気軽に使えるサービスとなっています。

※8月転職する人が少ない=ライバルが少ないので好条件の職場が見つかる確率大です!!