→高給料・好待遇の職場を見つける方法はココをクリック!

日本でもようやく女性が働きやすい環境が作られてきており、その代表ともいえるのが産前産後休業(産休)と育児休暇(育休)の制度ですね。

これは労働基準法で定められており、結婚後も働き続けたいという女性にとっては活用したい制度です。休業中でもお給料を貰うことができるわけですからね。

しかし介護職員は、この産休育休制度の利用にあまり積極的ではありません。

今回はその理由をご紹介していきます!

介護福祉士で産休育休を取得する人が少ない訳とは

肉体的に疲れる仕事だから

兎にも角にも介護のお仕事は体力を使う仕事です。

  • 四肢が不自由な利用者の離床の手助け
  • 褥瘡予防のための体位変換
  • 大きな配膳車の移動

など力がいる場面が多く、1日の勤務が終わったころにはヘトヘトです。

結婚そして産休という1つのターニングポイントを迎えたときに、介護職の女性が思うことといえば、出産後もしばらく休みたいな。。。ということです。

産後休業も設けられてはいますが、それ以上に「復帰する」ということに対して高いハードルがあるようです。

懐妊中であっても職場に籍は残りますし、疲れる仕事に復帰しなければならない、ということに対しての気持ちの問題は、本人にとって重く圧し掛かります。

精神面でも疲れるしストレスも溜まるから

介護職が辞めてしまう原因の第1位は、職場での人間関係です。

結婚、妊娠というと凄くおめでたいことなのですが、女性が多い職場ということもあって、嫉妬や妬みといった問題も避けては通れない事実としてあります。

前の項目でも説明しましたが、やはり長期間に渡って職場を離れることが決まると、その後の人生について考え、復帰という道を選択肢から自ら外して、産休を取らない人もいます。

嫌いな人がいる職場に、出産してから戻りたくない!という気持ちを持つ人も!

ただでさえ妊娠が分かると精神が不安定になるのに、職場の悩みを持ったまま休みに入りたくないという人は多いですね。

介護職は産休育休を取得できないと思っている

これは本当に本人の勘違いでしかないのですが、介護職は産休育休制度を使えないと思っている人も中にはいるのです。

看護師が一緒に働いている施設の人がこんなことを言っていました

「私の職場だと看護師は取れるけど、介護職は取れないみたい(ノω・、) ウゥ・・・」

という嘘みたいな本当の話ですが、こういったことを思われている人は決して少なくはありません。

勘違いをさせてしまう原因、要因としては以下のようなことがあげられます。

  • 同じ病院、介護施設でも看護師が産休をとった前例はあるけど、介護職は妊娠したら全員辞めていく(辞めさせられるらしいという噂話も。。。)
  • そもそも産休育休制度があるのは特定の会社、大企業だけだと思っている
  • 介護職員は冷遇されているという自覚が強く、どうせ使わせてくれないんだろうと思っている

制度のことは知ってるけど、自分で調べることをしなかったばかりに、介護職は制度を使えないから辞めなければいけないんだと勝手に判断して、働き続けたいのに退職を願い出る人は実際にいます。

あなたの周りにも勘違いをしている人がいたら、教えてあげてくださいね!

辞めなければいけない雰囲気がある

現実的な問題として妊娠したら辞めないといけない雰囲気がある施設事業所もあります。

看護師は産休を取って良いけど、介護職員が産休を申し出ると嫌な顔をされる。。。という変な噂が蔓延しているある職場もあるのです。

施設事業所というよりは、部署別、病棟別という職場グループの雰囲気として悪い空気があるというケースもあって、非常にやっかいな問題です。

結果として人間関係の悪さで辞めてしまうというパターンになります。

TAKEBE055121914_TP_V

最近では人手不足に悩む事業者が増えていますし、現場の職員が最も人出不足を実感していることから、このような事例は減っているようですけどね。

通所介護、小規模多機能型居宅介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型介護老人福祉施設などではサービス提供体制強化加算の算定要件に一定数以上は3年以上の勤続年数のある者を配置しなければなりませんし、職員に辞めて貰っては経営にも影響するということで、育休産休制度の利用率の向上を勧めています。

遠慮して使わない人もいる

施設事業所側に遠慮をして、制度を使わないという優しすぎる人もいます。

人手不足の中、産休で休むということに罪悪感を抱く人も。。。

また介護の事業所は管理者を含めて少人数で運営している所も多く、経営状況が職員にまで分かってしまう(察する)ところも多く、仕事をしていない期間でもお給料を貰えるということに対しての罪悪感を持つ人もいるようです。

出産後も働く予定なら産休育休を使いましょう

以上5つの理由を紹介してきましたが、介護職は遠慮がちで優しい人もいる反面、逆にどうせ報われないし冷遇されてる立場だし。。。と投げやりな感じになってる人など様々ですが、どちらにしても産休育休制度を利用したいという気持ちは他の職種に比べると低いようです。

あなた自身が出産後も今の職場で働きたいという気持ちがあるのであれば、ぜひ制度を活用して下さい!


シン

給料と休みを増やしたいあなたへ!

介護職専門の求人サイトでは色んな施設の募集を知ることができ、給料・休日・夜勤の有無などの希望からあなたにあった職場が見つかります!

正職員・派遣・パートまで介護に関係するなら誰でもOK

実際に私の場合は年収にして「+80万円」、休日は「年間120日」、ボーナスは「5ヶ月」という条件の施設に転職できました。

少しでも今の職場に不満がある人は、1分のカンタン入力で登録できる⇒【無料・スマホOK】スマイルSUPPORT介護を利用してみてはどうでしょうか?


⇒ココをクリックして無料登録!

無資格者、初任者研修、介護福祉士、ケアマネなど全ての方に対応していますし、登録したからといって転職する必要は無いので気軽に使えるサービスとなっています。

※8月転職する人が少ない=ライバルが少ないので好条件の職場が見つかる確率大です!!