→高給料・好待遇の職場を見つける方法はココをクリック!

介護職は無資格の人でも働くことができますが、多くの施設ではやはり知識と技術が身についている有資格者の採用を希望しています。

その介護職にはいくつかの資格がありますが、まず現在、無資格の方が取得を目指すべきものは介護福祉士という国家資格です。

多くの施設で介護福祉士を持っていると給料面でも基本給のアップや月に3000円~20000円程度の資格手当が付いたりしますしね。

介護の現場に携わる人間であれば必須ともいえるでしょう。

そんなメリットだらけの介護福祉士ですが、現実問題としての現状と将来性についてまとめていきます!

介護福祉士国家資格の歴史と将来性!

介護は専業主婦の仕事だった

それでは、介護福祉士の現状と将来性に関しても見ていくことにしましょう。

介護福祉士という資格が出来たのは、日本の経済がバブル時代であった1987年5月21日です。かなり昔の話ですね。

人間は赤ん坊として生まれて、成長して大人になり、年を取るとまた赤ん坊のようになる、と言いますがまさにその通りで、高齢になると人の手助け無しでは生きていくことができないといっても、過言ではありません。

当時は介護のお仕事は一通り子育てが終わった主婦の仕事とされてきたようです。

夫婦共働きではなく、専業主婦の方が多かった時代というのも背景にありますね。

夫婦共働きで親の面倒を見きれなくなった

そしていつしか、バブルも弾け時代は変化して何世帯もの家族が1つ屋根の下に住むような核家族は減り、老後年を取ったあとに面倒をみてくれる家族がいないというケースが出てくるようになりました。

こうして、現代の高齢化の現状と、介護福祉士に対するニーズが高まって来たのです。

現在では、介護のお仕事も多岐に渡り、利用者の家で介護する在宅介護サービスや、日帰りのデイサービス、入居型の施設にて介護を行う介護老人ホームなど様々です。

介護の質を求められる時代へ

介護施設は、高齢者生活を預かる場所ということだけではなく、命をも預かっている非常に重要な場所です。

よって、その運営基準も年々厳しくなる傾向にありますし、職員の知識と技術といった介護の質の向上も求められるようになりました。

介護福祉士国家試験の受験に関しても、その条件が厳しくなりました。

今後、介護事業はどんどんと拡大していくことでしょう。

日本人口の推移を見ても、まだまだ高齢者の割合は高まっていく傾向にあります。

その点からしても、介護施設の拡大は今後も広がる一方であり、それに伴い介護福祉士の需要も増えていくことでしょうし、就職先がなくなるというような、心配は一切ないでしょう。

少子高齢化が進み働き手の減少が叫ばれる中でも、介護職員の離職率は高いことが言われていますし、これから介護職の方は大切にされる存在へとなっていきます。

介護福祉士の給料は上がる傾向

そして重要な給料面の問題ですが、介護職員処遇改善加算の見直しなどにより、徐々にではありますが、平均年収は上昇の傾向にあります。

またサービス提供体制強化加算という施設の職員に対する介護福祉士の人数によって、施設が得られる収入が増える加算も平成21年度に設けられ、待遇改善の大きな理由となっています。

まず介護福祉士を取得しよう!

介護福祉士の試験を受験するには実務経験による受験(3年以上介護等の業務に従事した方)+実務者研修が必要となります。

実務者研修というのは平成28年度(第29回試験)から追加された必須条件ですが、多くの施設でこの研修を受けるサポートをしてくれます。
職員教育の重要性が介護施設にも広まっていますし、積極的に自ら利用していきましょう!

サービス提供体制強化加算を取得している施設であれば、少なくとも介護職員の1/3以上は介護福祉士の方ですし、貴重な意見や体験談、アドバイスを貰うこともできるでしょう。

3年以上介護の職に就いていて、まだ受験したことが無いという方は、ぜひ1度挑戦しみてはいかがでしょうか?

たとえ1ヶ月に5000円の資格手当だとしても1年だと6万円の違いになります。

早ければ早いほど、あなたのためにもなりますし、自分の仕事についても誇れるものになることが間違いありません!


シン

給料と休みを増やしたいあなたへ!

介護職専門の求人サイトでは色んな施設の募集を知ることができ、給料・休日・夜勤の有無などの希望からあなたにあった職場が見つかります!

正職員・派遣・パートまで介護に関係するなら誰でもOK

実際に私の場合は年収にして「+80万円」、休日は「年間120日」、ボーナスは「5ヶ月」という条件の施設に転職できました。

少しでも今の職場に不満がある人は、1分のカンタン入力で登録できる⇒【無料・スマホOK】スマイルSUPPORT介護を利用してみてはどうでしょうか?


⇒ココをクリックして無料登録!

無資格者、初任者研修、介護福祉士、ケアマネなど全ての方に対応していますし、登録したからといって転職する必要は無いので気軽に使えるサービスとなっています。

※8月転職する人が少ない=ライバルが少ないので好条件の職場が見つかる確率大です!!