→高給料・好待遇の職場を見つける方法はココをクリック!

介護職員、介護福祉士は離職率が高くて多くの施設事業所が人手不足に悩んでいます。

この状況を解決するために最近、介護業界で注目を集めているのがキャリアパスです。

介護の現場で働く人であれば1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ただキャリアパスってよく聞くけどそもそも何?という人に向けて、今回はキャリアパスについてまとめていきます!

介護職員のキャリアパス制度とは

キャリアパスの意味を簡単に解説

まずキャリアパスという言葉の意味を簡単に解説していきますが、直訳してみると以下の様になります。

  • キャリア:経験、経歴
  • パス:道、進路、方針

うまく日本語として繋げることは難しいのですが、経験を基に進むべき進路といった感じでしょうか。

もう少し分かり易くいうと人材育成の方針という風になります。

なぜキャリアパスが必要なのか

介護業界は女性が多いということもあって、人材育成制度が未発達であり、仕事を真面目にしていても正当な評価が得られなかったり、昇給・昇任に関することも不透明で、仕事にやりがいを見いだせない環境でした。

こうした環境を改善するために職員にとって分かり易いようにキャリアパス制度というのを構築する必要があるのです。

仕事に置いての目標を定めて達成した職員に対しては相応の評価、給料を与える制度といっても良いでしょう。

あなたの働いている職場は、昇給や昇任の条件が明確にされているでしょうか?されていない場合、何を目標にして頑張ったら良いか分からないですよね。。。

給与体系

キャリアパスは大きく分けると給料体系、人事評価制度、職員のスキルアップの3つの要素があるので、順を追って解説していきます。

最初に給与体系のキャリアパスですが、例としては以下のようになります。

  • 雇用形態、勤務体系を考慮した給与設定
  • 職員個々の能力、技能を評価した等級制の給与制度導入
  • 昇任、昇進による役職手当の設定

人事評価制度

介護の仕事は頑張っても評価されにくいということの改善を目的としているのが人事評価制度です。

  • 主任、管理職、役職者への昇進基準の明確化
  • 賞与額の評価の透明化
  • 職員の能力を踏まえた人員配置、人事評価制度の導入

職員のスキルアップ制度

給与体系、人事評価を定めたうえで、職員にとって分かり易いスキルアップのチャンスの場を提供することも大切です。

  • 研修参加の推奨
  • 職員の目標管理
  • 職員教育制度の確立

国のキャリアパス政策

介護職員処遇改善加算は国、政府が行うキャリアパス政策と言って良いでしょう。

賃金の向上を目的としている加算ですが、この加算の算定要件には各施設でキャリアパスに関する要件を策定しなければなりません。

多くの施設事業所が介護職員処遇改善加算を取得はしていますが、実際に届けられたキャリアパス制度が現場の職員まで周知されているところは少ないようです。。。

キャリアパス制度は施設事業所よって異なる

介護職は仕事に対するやりがい、満足感は高い傾向にあるのですが、給与面に関して不満を持っている人がほとんどです。

男性の介護職員は結婚して家庭を持つなど将来のことを考えると、給与のアップも期待できないし、このまま仕事を続けていくのは不安が残るということで、離職する人が多いです。

このような人を減らすためにはキャリアアップ制度を周知して、仕事をどれだけ頑張ったら昇進できて給料も上がる!ということを明確にすることが大切となります。

また介護の求人を探すときにもキャリアパス制度がしっかりと整っているかを確認することをお勧めします。

募集ページに職員教育制度や研修も充実、資格取得をサポートなどというキーワードがある職場が良いのではないかと思います。


シン

給料と休みを増やしたいあなたへ!

介護職専門の求人サイトでは色んな施設の募集を知ることができ、給料・休日・夜勤の有無などの希望からあなたにあった職場が見つかります!

正職員・派遣・パートまで介護に関係するなら誰でもOK

実際に私の場合は年収にして「+80万円」、休日は「年間120日」、ボーナスは「5ヶ月」という条件の施設に転職できました。

少しでも今の職場に不満がある人は、1分のカンタン入力で登録できる⇒【無料・スマホOK】スマイルSUPPORT介護を利用してみてはどうでしょうか?


⇒ココをクリックして無料登録!

無資格者、初任者研修、介護福祉士、ケアマネなど全ての方に対応していますし、登録したからといって転職する必要は無いので気軽に使えるサービスとなっています。

※8月転職する人が少ない=ライバルが少ないので好条件の職場が見つかる確率大です!!